LINK
自動車の『全損』とはその名称が示すように全部が故障した状況、走行することができない等移動手段の車として働きをできなくなった状況で使いますが、保険で言う全損は多からず同義ではない内容が込められています。自動車保険の場合では乗用車が壊された状態で「全損と分損」のように2つの種類仕分けされ『分損』は修復の費用が補償金内でおさまる場面を言い表しそれとは逆に『全損』とは修理の費用が補償金を上回ってしまうことを指します。通常、乗用車の修理で《全損》という状況では車の心臓、エンジンに修復できないダメージを抱えていたり、乗用車の骨組みが変形して修繕が不可能である為リユースか廃棄になるのが常識です。事故の後に修理業者や車の保険屋さんが必要な修理のお金を見積もった状態でいくら見た目がちゃんとしていて元に戻すことができる場面でも修復費が補償金よりも高かったらなんで乗用車の保険加入しているのか分からなくなりそうです。そういった状態では【全損】と考えてマイカーの権利を車の保険屋さんに渡して保険額を受けとる仕組みなっています。もちろんの事ですがかなりの間連れ添った自動車で執着があり自費で修復をしてでも乗り続けたいと考える方はいくらでもいますから場面によって自動車の保険屋さんと意見交換するといいと思います。もっといえば、自動車任意保険によってはこういったケースが想定され車両全損時諸費用補償特約などの《全損》の時に特約ついている状況が多々あり、不幸にも車が《全損》なった場合でも新規購入などの諸経費を一部分補償してくれる場合も実在します。尚盗まれた際の保険額の特約をつけているならば盗まれた車が発見できないケースでも(全損)と判断され、保険金が支払われるサービスになります。