LINK
近年おおむねどの自動車保険の会社も保険料釣り上げの傾向です。運転者を守る自動車保険が料金の釣り上げをするなどということは、私たち自身の家計に大きな打撃を与えるのです。それでは、どういうわけで自動車保険が値上げをされるという事態になっているのか、知りたいとは思いませんか?その現象の原因として考えられる事は、大まかに二項目あると考えられます。まず最初にお歳を召した自動車所有者が徐々に増えていることが考えられます。車両を保持しているのがごく当たり前の社会になってしまったので、お年を召した乗用車所持者も増加しつつあります。その上この国では高齢化を迎えつつあるというようなこともあるせいでこれ以降加速度的に老齢の自動車持ちが割合的に増えていく傾向にあります。高齢者のケースでは、通常は保険の料金が安価に販売されているゆえ、保険会社にとっては、ほとんど旨味があるとはいえません。なぜなら、保険の料金が低いのに自動車事故などのトラブルを起こされてしまったなら高額な補償を被保険者に払わなければならないという事情があるからです。このような場合、損になる可能性が大変に上がるので保険会社は掛け金を増額するという手段を取らざるを得ません。さて、二個目の原因に挙げられるのは若者の車所有に対する無関心です。お年寄りのドライバーは増えている傾向にありますが逆に若年者はクルマというものに憧れなくなりつつあるのです。そのようなウラ側にあたるものは電車・地下鉄・バスなどの交通インフラの簡便さとお金に関わることです。盤石な職にありつくことが叶わない若い世代が数多く存在するということから、クルマを買うお金がない人もいます。その上、昔の常識であれば、自家用車を乗り回す事が正業に就く人のステータスだという社会通念がありましたがマイカーの有無がステータスであるとは断言できなくなってきました。そういった理由で、保険料が高齢者よりコスト的に割高な若い年代の保険利用者が年々少なくなっていると考えられます。こういった様々な問題が累積した結果、自動車保険会社も保険料増加に及ばざるを得ないのだと考察できます。